AO入試エントリー、ちょっと待って!後悔しない専門学校選びを!

こんにちは。編集長タクです。今年はコロナ禍による高校の休校が長引き、また専門学校もオープンキャンパス開催がままならない状態が続き、受験生は例年よりも情報収集に苦労しています。もし、受験生がまだ準備不足なのに、急かされるように専門学校にAOエントリーを促される状況になっているとしたら、これはよろしくありません。

月から専門学校でAO入試のエントリーがスタートしていますが。。

多くの専門学校は例年通り6月1日からAO入試のエントリーを開始しています。一部の専門学校では、早い段階からAO入試で学生を確保するためにAOエントリーに入学金や授業料の免除・減免などの特典を付けています。納付金が安くなることは受験生にとって大変魅力的だと思います。充分に調べた志望校でこのような特典があればぜひ受けるべきだと思うのですが、納付金が安くなるという理由だけで学校を決めてAOエントリーをしてしまうことのリスク面も考えてほしいのです。入学したら少なくとも、1年以上は通い続けるわけですから。

 

まずはしっかりと志望校を見てから決めよう!

後悔しないためにも、AOエントリーをする前に立ち止まって複数の専門学校をしっかり比較してほしいのです。就職状況、業界とのパイプ、カリキュラムの特徴、年間の授業時間数、資格取得状況、施設・設備の充実度、教育環境、教職員の顔ぶれ、産学連携・インターンシップや研修等の取組、各種サポート体制などなど。これらの項目を複数校比較し、その結果としてこの専門学校を選んだ!ということであれば、そのAOエントリーも納得です。

*よろしければ、専門LABO的「本気の専門学校の条件」もぜひご覧ください!

 

なかなか情報を集めるのも難しいこんな状況だからこそ、立ち止まる勇気も必要ですよね。毎年すぐに定員が埋まる、よほどの人気校を除けば、夏休み前の今はそこまで慌てなくても大丈夫です。気になる志望校候補のどちらを選ぶのか、熟考するのも正しいように思います。ぜひ後悔しない志望校選びを願っています!